« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

今日はもう現れないかもしれないということ(BlogPet)

今日はもう現れないかもしれないということ
また現れる場所もばらばららしい
ただある程度決まった
ネットでしか姿を野宿したかったの♪
ない


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぽんた」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危うくネタを野宿したいかも(BlogPet)

危うくネタを野宿したいかも
今日、ついでをCONTINUEDすればよかった範囲内で出てくるということ
また現れる場所もばらばららしい
ただある程度決まった範囲内で出ているのかうちにもさっぱり・・・
と、のっちは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぽんた」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

~後編~

一夜明けて、再びあの方を訪ねに走る俺。

Sro20061219_200751_84

途中、その人の側近の人たちに遭遇

Sro20061219_200902_47 Sro20061219_201039_33

力の差は歴然だった。しかし、1撃では葬れなかった・・・。

幸先不安な結果になったが、それでも捜索は続けた。

この日も探し続けた。しかしみつからなかった。

諦め、護衛の仕事が飛び込んできたので、後ろ髪を引かれる思いで、そちらに向かった。

すると、護衛する商団は飛賊団から出発するのだという。

あそこは、あの方のでてくる場所。

俺は一理の望みに賭けた。できるならあの方に会いたい。

集合場所の長安を発つと、一目散に砦に向かった。

砦の門を抜け、中に入った。

いない。

もう少し先に進むと、なにやら集まっているところがあった。

もしかして・・・

そこに向かった。

目の前に、見覚えのある姿が見えた。

遠巻きではあったが、確かに確認できた。

あの方だ。

俺は、手に持っていた槍を強く握った。

そして、あの方に襲い掛かった。

 

俺は幼いころあの方に遭遇していた。

それは突然の出来事だった。

 あの日、俺はいつもどおり狩をしていた。場所はちょうど、砦の北。

そこも、あの方の出現場所だとはわかっていたけど、まさか出るわけないと思っていた。

第一、当時の俺は、あの方に対抗できるほど強くなく、むしろ出て欲しくなかった。

が、あの方は出てしまった。(正確には、フレからササを貰ったわけだが)

その場所は、狩場からかなり近く、あの方はすぐに見つかった。

しかし、間近で見ると、やはり足がすくむ。

が、このままここに居ても仕方ないので、俺は意を決し、あの方に襲い掛かった。

Sro20060917_201438_79_1

あの方は思ったほど強くはなかった。

当時の俺でも、結構耐えられた。

が、側近が沸くとそうも言ってられない。

湧いたらすぐに逃げなければ、ひ弱な俺などひとたまりもない。

簡単に踏み潰されてしまう。そんなわけで、ヒット&アウェイを繰り返しながら俺は闘った。

 当時、俺よりも少し強い人も一緒に闘っていた。だからかもしれないが、俺はまともに攻撃を受けることはなかった。

結果的には、止めを刺されてしまったわけだが、特に気にしてはいなかった。

経験値が多くもらえたことのほうがうれしかった。

 

それから、数年。

65歳になった俺は、暇つぶしにふと昔を思い出し、あの方を探したのだった。

そして、ようやく、見つけたのだった。

Sro20061207_165957_09

・・・良く見えないがorz

闘っているのは、1人。それもあの方よりかなり強い。(俺も人のこと言えないが)

そんなわけで、遠慮なくぶちかました。当然、鬼も使った。

が、それでも、それなりに時間がかかった。

流石はユニークだけあって硬い。

結局、またしても止めは刺し損ねたが、今更、そんなものに興味はない。

昔を思い出せただけで十分だ。

そう心の中につぶやき、俺は仕事に戻った。

懐かしい思いが、心の中に満ちていた。

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

でのっちが野宿された(BlogPet)

のっちの、話すればよかった?
でのっちが野宿された。
またのっちの自分難航したかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぽんた」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

○○をたずねて(前編

M氏は言った

「ネタは向こうからやってくるのを待っているのではない。自分から求めに行くのだ」と

Sro20061208_234108_66

気合を入れ、いざネタ探しのたびへwついでに尋ねたい人もいるけどw

まずは尋ね人のほうから寄ることに。しかしこれがかなり難航wなんせ尋ね人の住所がわからないorz仕方ないので道行く人?にたずねてみた。

Sro20061208_234340_70

おれ:○○さんどこにいるかわかりませんかね?

通行人A:しらねーなぁ。んなことより俺達の晩御飯になりやがれ!

たずねたら危うくご飯にされるところでしたwまったく、最近の虎ときたら・・・wしつこく迫られたので逆にご飯にして食べましたw仕方がないので別の人に尋ねてみますか。姿かたちがそっくりなあの人に聞こう。

Sro20061208_234451_03

おれ:○○さんどこにいるか知りませんかね?

通行人B:あの人気まぐれだからねぇ。どこにいるのかうちにもさっぱり・・・。たまにこの付近で見かけるんだけどね。

おお。有力情報ゲット。やはり知ってたね。で、さらに話を聞いたところ、尋ね人は1日に何回かしか姿を見せないのだという。また現れる場所もばらばららしい。ただある程度決まった範囲内で出てくるということ。また今日はもう現れないかもしれないということ。

出現場所の地図を貰い、翌日に会うことにしました。

夕飯の食材を捕って

Sro20061208_233628_34

ここで野宿することにしました

Sro20061208_233514_31

明日会えることを信じて・・・。

TO BE CONTINUED

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »